新WordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」へ改装完了!
エックスサーバーSSLキャプチャー

【常時SSL】エックスサーバーで常時SSL化する方法を解説!

いよいよHTTPサイトへのGoogleクロームの「保護されていません」というセキュリティ警告が本格始動してきましたね。
これからはSSL化していないサイトは検索外に飛ばされてしまいそうです。

以前だとけっこう高額な費用をかけてSSL化しなければなりませんでしたが、一部のレンタルサーバーでは無料でSSL化できるようになってきたため、みんなこぞって自サイトのSSL化を始めているようです。

そこで今回は、アフィリエイターにも人気なレンタルサーバー「エックスサーバー」での常時SSL化の方法を解説していきたいと思います。


タケ坊
タケ坊
検索順位を上げるためにも常時SSL化は必須ですね。
柚子
柚子
それもあるけど、訪問者が安心してサイトにアクセスして貰うためにもセキュリティ体制は万全にしておかなきゃね!

事前準備

バックアップを取ろう!

何かしらの変更をする場合は、バックアップを取るクセをつけておいた方が良いです。

ブログサイト開設初期や記事内容の変更修正などの小さな変更ならたいして問題ありませんが、今回のような大きな変更を行う場合はきちんとバックアップをしましょう。

柚子
柚子
WordPressのバックアップは、プラグインで簡単にできるので、面倒臭がらないでくださいね。

 

関連記事

WordPressに限らずブログサイトを運営していく中で、気を付けなければいけないのが、ブログサイトのバックアップです。 世の中何が起こるか分かりませんから、パソコンのデータと同様にブログサイトのバックアップは必ずとりましょう。 僕[…]

UpdraftPlus

エックスサーバーでのSSL化の手順

WordPressのバックアップが終わったら、さっそくエックスサーバーでのSSL化の手順を画像を交えて説明していきましょう。

なお、すでにエックスサーバーへドメインは登録済みという前提で解説していきます。

まずはエックスサーバーのサーバーパネルにアクセスします。
そしてSSL化するドメインを選択し、SSL設定をクリックします。
エックスサーバーサーバーパネル画面

「独自SSL設定の追加」タブをクリックします。
エックスサーバーSSL追加画面

SSLを設定する対象ドメインを選択して「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックします。
エックスサーバーSSL設定選択

数秒から数分後、下の画像のようになったら完了です。

実際サイトに反映されるまで最大1時間かかります。試しで今回設定した時は30分ほどで反映されました。
エックスサーバーSSL設定完了

これでサイトのSSL化が完了しました。

で、けっこうな人がここで安心しちゃって終わっちゃうんですが、このままではWEB上に「https」サイトと「http」サイトの両方が存在している状態です。

そこで訪問者が「http」でアクセスしても「https」サイトに転送するように設定しなければいけません。
この設定をやって初めて「常時SSL化」になるのです。

柚子
柚子
次はその辺の設定を説明しましょう。

.htaccess編集でリダイレクトコードを追加して常時SSL化

リダイレクトとは、

ウェブサイトにおけるリダイレクト(英:redirect)とは、ウェブサイトの閲覧において、指定したウェブページから自動的に他のウェブページに転送されること。URLリダイレクト(URL redirection)とも言われる。
通常はウェブページのURLが変わったときに、元のURLから新しいURLへ誘導するときに用いられる。フィッシング詐欺サイトへの誘導などで用いられている場合もある。
引用元:Wikipedia

ここで言うリダイレクトとは、「http」でアクセスしてきた訪問者に「https」サイトへ転送させることを言います。

.htaccessにリダイレクトコードを追加する方法は2通りあります。

1つはエックスサーバーのサーバーパネルから編集する方法と、もう1つはFTPソフトを使って直接サーバーにアクセスして編集する方法です。

WP Htaccess Editorというプラグインを使って編集する方法がありますが、プラグインが4年も更新されていないので今回の記事には書きませんでした。

サーバーパネルで.htaccess編集

サーバーパネルから「.htaccess編集」をクリックします。

エックスサーバーサーバーパネル画面

対象ドメインを選択します。エックスサーバーhtaccess編集

.htaccess編集タブをクリックします。htaccess編集タブをクリック

.htaccess編集画面が表示されますので、一番上に以下のコードを入力します。
そのままコピーして貼り付けてOKです。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

編集作業をする前に、元々あったコードをコピーしてWindowsのメモ帳か何かに貼り付けておきましょう。

.htaccessは変な改変をすると正常にサイトが開けない、なんてことが起きるくらい大事な箇所です。

バックアップは必ずしましょう。

2行ほど空行を入れる

2行ほど空行を入れたら、コードをコピーして空けた行に貼り付けます。
貼り付けてたら「.htaccessを編集する(確認)」をクリックします。htaccess編集するをクリック

編集内容が問題なければ、「.htaccessを編集する(確定)」をクリックして完了です。htaccess編集確認画面

これでサーバー側の設定は完了です。htaccess編集完了

次はFTPソフトを使っての編集方法です。

FTPソフトで.htaccess編集

僕が使い慣れている「FileZilla」を使って説明していきますね。

他のFTPソフトでもやり方は変わらないので、使い慣れたソフトを使ってくださいね。

柚子
柚子
FileZilla」の使い方はこちらの記事を参考にどうぞ!
関連記事

先日、このブログでWordPressプラグイン【Speech Bubble】についての記事を書いている時、Speech Bubbleを使う際にサーバーにアクセスする必要があると書きました。 しかし今まで、FTPソフトについてちゃんと触[…]

FileZilla(ファイルジラ)

FTPソフトを使ってサーバーにアクセスします。

アクセスしたら、常時SSL化するドメインを開いて「public_html」をクリックします。

すると「.htaccess」というファイルが出てきます。.htaccessファイル

このファイルにマウスカーソル合わせて右クリックします。

そして「ダウンロード」をクリックします。ダウンロードをクリック

.htaccessファイルをダウンロードしたら、それをテキストエディターで開きます。
Windowsのメモ帳でも大丈夫です。

直接ファイルが開けない場合は、メモ帳を開いてファイルをドラッグ&ドロップすれば開けますよ。

エックスサーバーで編集したように、元々あったコードの上に2行ほど空行を開けて、リダイレクトコードをコピペします。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

ファイルを開いてコードをコピペ

コードを追加したら、別のフォルダー等に名前を付けて保存をします。何かあった時のために元のファイルは残しておきましょう。

最後はFTPソフトで編集した「.htaccess」ファイルをアップロードして上書き保存で完了です。アップロードして上書き保存

.htaccess編集は、なかなか触る機会がないのでいじるのが不安な人もいるかもですが、この通りに進めれば問題ないので安心してください。

注意!!
元からあったコードは絶対に削除・変更しないようにしてください!

正常にサイトが表示されなくなる可能性があります!

柚子
柚子
何か分からないことがあったら連絡くださいね

WordPress側のSSL設定

サーバー側の設定が終わったら、次はWordPress側でのSSL設定をしましょう。

一般設定からhttpsへ変更

管理メニュー画面の設定→一般をクリックします。
WordPress管理メニュー一般設定

「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」の「http://~」の部分に「s」を追加して「https://~」にします。
WordPress一般設定

両方に「s」を追加して「https://~」にしたら「変更を保存」をクリックしてWordPress側の設定は完了です。
WordPress一般設定変更後

WordPress側の設定は以上です。ここは簡単ですね。

確認のためにSSL化したか見てみましょう。httpsアドレス

ちゃんと鍵マークが出てURLも「https」になってますね。

リダイレクトもされているかも確認してみましょう。
「http://~」で検索してみます。httpアドレス

こちらもちゃんと「https」サイトに転送してくれています。httpsアドレス

柚子
柚子
ここまでで特に難しいことはないと思いますが、分からないことがあったら聞いてくださいね

過去の記事のURLを変更

一般設定で「https」へ変更はしましたが、これは現サイトのURLとこれから新規で投稿する記事URLが変わっただけで、過去に投稿した記事や過去にアップロードした画像などは「http」のままになっているはずです。

次はそれらのURLを変更する作業に入ります。

記事数が少ない場合なら、1つ1つ手作業で変更させても良いですが、それでも面倒くさいので「Search Regex」というプラグインで簡単に変更しちゃいましょう。

関連記事

今回はサイト内の記事やタイトルなどを一括で置換できるプラグイン「Search Regex」を紹介します。 このプラグインは、タイトル・記事本文・カスタムフィールド・コメント・抜粋文・URLを一括で変換してくれる便利なプラグインです。 […]

Search Regexキャプチャー

このプラグインは、サイト内の文字を一括で置換できる優れもののプラグインです。

使い方を覚えればとても便利なプラグインなので、是非インストールしておきましょう。

柚子
柚子
プラグインのインストール方法はこちらの記事を参考に!
関連記事

タケ坊 今回はWordPressの基本の1つ、プラグインのインストール方法について話しましょうか。 柚子 そーだね!ところで、そもそもプラグインが分からないって人はいないかな? タケ坊 […]

WordPressプラグインのインストール方法

それでは、Search Regexを使ってURLを変更していきましょう。

管理メニュー画面のツール⇒Search Regexをクリックします。Search Regexツール

設定画面が表示されます。設定はデフォルトのままで大丈夫です。SSLSearch Regex設定画面

Search patternに置換前のURL(http://~)を入力します。
Replace patternに置換後のURL(https://~)を入力します。

必ず独自ドメインまで入力しましょう。
「http」に「s」を足すだけだからと言って、「http」だけにすると記事中の外部リンクやらアフィリエイトリンクやら全てが対象となってしまうので、大変なことになってしまいます。Search Regex置換文字入力

Search patternとReplace patternを入力したら、赤枠の「Replace」をクリックします。
この段階ではまだ置換はされません。

置換前と置換後の文字の確認画面が表示されますので、しっかり確認してください。

置換実行して保存されると元には戻せないので、ここは面倒がらずに必ず全てを確認しましょう。

画像は僕のテストサイトのものです。変な記事ばかりだけど勘弁してくださいね(笑)Search Regex置換対象の確認

ちょっと見難いですね。拡大してみましょう。Search Regex置換対象の確認拡大図

記事数や画像が多いと膨大な数が出てきてしまいますが、しつこいようですが必ずここは1つずつチェックしていってください。

このあと置換を実行すると元には戻せませんからね。

全部確認したら、覚悟を決めて「Replace & Save」をクリックします。Search Regex置換実行

これでサイト内の変更すべきURLはとりあえず完了です。

Google解析ツールの設定変更

これで常時SSL化の作業はほぼ完了です。

これ以降は、各人が使用しているツールやGoogleのサービスの設定などを見直していきます。

設定の見直しと言っても、基本的にはURLを変更するだけなので難しいことはありませんが、ここではブログサイト運営に欠かせないGoogleのサービスの設定変更を説明していきますね。

Google Analyticsの設定

Google Analyticsの設定変更は簡単です。まずはログインしましょう。
https://analytics.google.com/

歯車マークの「管理」をクリックします。管理をクリック

「プロパティ」の「プロパティ設定」をクリックします。プロパティ設定をクリック

「デフォルトのURL」の【http://▽】の所をクリックして「https://」にチェックを入れ、一番下の「保存」をクリックして完了です。デフォルトのURLを変更

保存をクリックして完了

柚子
柚子
ここはカンタンですね!

Google Search Consoleの設定

Google Search Console(サーチコンソール)はURLの変更ではなく、再登録という形をとります。

サーチコンソールの登録方法は別記事で説明しているので参考にしてください。

関連記事

Google Search Console(グーグル・サーチコンソール)をご存知ですか? 天下のGoogleが無料で提供しているGoogleアナリティクスと並んで重要な解析ツールです。 名前は知ってるけど難しそうと思って、登録自[…]

サーチコンソール まだ登録してないの?

エックスサーバーの常時SSL化まとめ

まとめ

いかがでしたか?問題なくあなたのブログサイトを常時SSL化できたでしょうか。

今回はアフィリエイターでも利用者の多いエックスサーバーでの常時SSL化する方法を説明していきました。

ブログサイトの常時SSL化は、手順通りに作業すればそれほど難しい作業ではないと思います。

個人的に面倒だと思ったのは、記事内で書いた以外の解析ツールや外部で登録したURLの変更作業ですね。

所有しているブログサイトの数が多い場合や、記事数が多いブログサイトを持っていると気が遠くなりそうですが、常時SSL化は今後必須の作業になるので頑張って進めましょう!

タケ坊
タケ坊
ブログサイトをSSL化することはできても、常時SSL化することまでできていない人が多くみられます。
柚子
柚子
.htaccess編集でリダイレクト設定までして、ようやくブログサイトのSSL化が完了しますので、今回の記事を参考にしてみてください。
エックスサーバーSSLキャプチャー
最新情報をチェックしよう!