新WordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」へ改装完了!
キャプチャー画像

【WordPress】Google公式プラグイン「Site Kit」が便利過ぎな件

こんにちは!

今回は、Googleから公式でリリースされているプラグイン「Site Kit」というプラグインがとても便利なので紹介しますね。

このプラグインは、簡単に言えばWordPressとGoogleサービスを連携し、WordPress内で利用できるといったものです。

例えば、Search ConsoleやAnalytics、Googleアドセンスなど利用されているかと思いますが、従来はそれぞれのサービスサイトに移動して解析結果などを確認しなければいけませんでした。

しかし、このプラグインを導入するとそれらの管理をWordPress内から出ることなくすべて一元管理が可能になるという優れモノのプラグインなのです。

今のところ、GoogleサービスでもGoogle広告のAdwordsとローカルビジネスには対応していないようですが、それでもこの「Site Kit」これからメジャーなプラグインとなっていくでしょう。

今のうちに導入して使いこなしておいてくださいね。

それでは、導入方法と設定方法を解説していきます。

柚子
柚子
その前に!
Googleアカウントを持ってない場合や、Search Consoleを導入していない場合は、先にアカウント作成やSearch Consoleの設定をした方が良いかもしれません。
後でも出来そうな気がしないでもないですが、今回はすでに導入済みの前提で説明しますので、出来れば先に導入しておいてください。
柚子
柚子
こちらの記事を参考にしてみてね

Site Kitのインストール

それでは、Site Kitのインストールしましょう。

管理メニュー画面のプラグイン新規追加から「Site Kit」を検索してインストールします。

「Site Kit by Google」とあったら、これをインストールして有効化します。

プラグインをインストール

またはWordPress公式サイトからダウンロードしてインストールしてください

【公式サイト】Site Kit

プラグインを公式サイトからダウンロード

柚子
柚子
プラグインのインストール方法はコチラの記事で詳しく説明してるよ!
関連記事

タケ坊 今回はWordPressの基本の1つ、プラグインのインストール方法について話しましょうか。 柚子 そーだね!ところで、そもそもプラグインが分からないって人はいないかな? タケ坊 […]

WordPressプラグインのインストール方法
柚子
柚子
プラグインをインストールしたら有効化を忘れないでね!

この画像が表示されたらインストール及び有効化完了です。

プラグインインストール完了

それではさっそくセットアップしていきましょう!

WordPressプラグイン「Site Kit」の設定方法

プラグインをインストールして有効化すると、セットアップボタンが表示されますので、これをクリックします。

チェックボックスは利用状況を匿名で提供することへの同意を求めています。

特に問題なければチェックを入れてください。

最初チェックを入れないで進めると、セットアップの途中でエラーが表示されて、先に進まなくなってしまいました。これが原因かは不明ですが、出来るだけチェックは入れた方が良いかもしれません。

スタートセットアップボタンをクリック

もし後で設定したい場合は、ダッシュボードのメニューにSite Kitのメニューが追加されているので、これをクリックしてください。

ダッシュボードのsite kitをクリック

セットアップボタンをクリックすると、セットアップ画面に切り替わります。

2020年3月現在では、まだ日本語化はされていないようです。

GoogleChromeをお使いの場合は、簡単に翻訳できるので日本語表示にしてみます。

セットアップ画面英語表示

これを日本語に翻訳してみます。

ちなみに日本語翻訳にする方法は、そのサイト画面にマウスカーソルを置いた状態で右クリックすると「日本語に翻訳」というメニューが出ますので、それをクリックしてくださいね。

セットアップ画面を日本語に翻訳

これで分かりやすくなりました。

英語ってホント苦手なんですよ。

それでは、「グーグルでサインイン」ボタンをクリックしてください。

そうするとアカウント選択画面が出ますので、Search ConsoleやAnalyticsで使用しているアカウントをクリックしてください。

アカウントをクリックしますと、Site Kitへの権限の付与の許可を求められます。

Search Consoleの権限の許可をクリックします。

SearchConsoleへの権限を許可をクリック

次に管理しているサイトとドメインのリストの管理を許可をクリックします。

サイトとドメインのリスト管理の許可

次に選択内容の確認画面が出ますので、下にある許可ボタンをクリックしてください。

選択内容を確認して許可ボタンをクリック

次にグーグルアカウントデータへのアクセス許可を求められるので、これも許可します。

グーグルアカウントデータへのアクセス許可をします

Search Consoleの設定が済んでいれば、これでSite Kitのセットアップは完了です。

セットアップ完了

次はGoogleサービスと連携させます。

Googleサービスと連携

このSite Kitと連携できるGoogleサービスは次の4つ。

  • Search Console
  • Google Analytics
  • Google Adsense
  • Page Speed insight

Search Consoleはセットアップ時に連携済みなので、あとは他の3つを連携させます。

ちなみに、Google AnalyticsとGoogle Adsenseの導入はすでにされている前提で説明させていただきます。

セットアップ完了画面にある「ダッシュボードに移動」ボタンをクリックしてください。

ダッシュボードに移動ボタンをクリック

もしかしたら、またGoogleにサインインする画面に変わるかもしてませんが、そのまま進めていけば設定画面にいけます。

連携画面

Google Adsenseと連携

まずはGoogle Adsenseと連携させましょう。

Adsenseの「Connect Service」をクリックします。

Adsenseと連携

Google Adsenseのアカウントを選択します。

アドセンスアカウントを選択

Adsenseアカウントの権限許可を求められるので、これを許可します。

アドセンスアカウント権限許可

確認画面が表示されるので、画面下の許可をクリックします。

アドセンスアカウント権限確認を許可

これでGoogle Adsenseとの連携が完了です。

アドセンス連携完了

画面のスウィッチボタンは、Adsense広告を自動配置するかどうかを求められています。

自動配置で問題ない場合は、スウィッチをONのままでコンティニューボタンをクリックしてください。

自分で適切に配置したい場合は、OFFにしてコンティニューボタンをクリックしましょう。

WordPress内にAdsenseの管理画面が表示されれば完了です。

アドセンスの管理画面が表示されれば完了

ちなみにWordPress内での管理画面では、あまり詳しいレポートは見れないようですね。

ブログ運営しながら見るなら最低限分かっていれば良いので問題ありません。

詳しいレポートを見たい場合は、右上にある「Advanced Settings」と書かれたリンクをクリックすると正規のAdsense管理画面が見れますのでご安心を。

アドセンス管理画面へのリンク

Google Adsenseの連携が終われば、次はGoogle Analyticsとの連携です。

Google Analyticsとの連携

次はGoogle Analyticsとの連携を行います。

メニューの「Site Kit」の「Setting」をクリックします。

settingをクリック

画面が変わったら、中央の「CONNECT MORE SERVICES」をクリックします。

connect more servicesをクリック

次は「Set up Analytics」をクリック。

Set up Analyticsをクリック

これまでと同様にアカウントを求められるので、アカウントを選択します。アカウントを選択

Site Kit への権限の付与許可画面が4つ表示されるので、すべて許可にします。

最後に選択内容の確認を行い許可ボタンをクリックします。

内容を確認して許可ボタンをクリック

すでにアナリティクスのアカウントがある場合は、そのまま「CONFIGURE ANALYTICS」をクリックしてGoogle Analyticsとの連携は完了です。

アナリティクス設定完了

WordPress内にAnalyticsの管理画面が表示されます。

これも簡易的なレポートしか表示されないので、画面右上の「See full stats in Analytics」のリンクをクリックすると、正規のAnalytics管理画面が見れます。

See full stats in Analyticsをクリックします

次はPage Speed insightと連携しましょう。

Page Speed insightとの連携

最後はPage Speed insightと連携させます。

再びSite KitのSettingをクリックします。

settingをクリック

Page Speed insightの「Set up PageSpeed Insights」をクリックします。

Set up PageSpeed Insightsをクリックします

Page Speed insightの連携はこれで完了です。

Googleアカウントも必要ないので簡単ですね!

Google公式プラグイン「Site Kit」のまとめ

いかがでしたか?

今回は、WordPressのプラグインでGoogleが公式に提供しているGoogleサービスとWordPressを連携してくれる「Site Kit」を解説しました。

とりあえず、主要なGoogleサービスの内の4つ、

  • Search Console
  • Google Analytics
  • Google Adsense
  • Page Speed insight

との連携を解説しましたが、Site Kitでは他にも、

  • Google Optimize
  • Google Tag Manager

とも連携できるようなので、必要あらば連携してみてください。

キャプチャー画像
最新情報をチェックしよう!