新WordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」へ改装完了!
Search Regexキャプチャー

【WordPressプラグイン】記事やタイトルを一括置換「Search Regex」が便利な件

今回はサイト内の記事やタイトルなどを一括で置換できるプラグイン「Search Regex」を紹介します。

このプラグインは、タイトル・記事本文・カスタムフィールド・コメント・抜粋文・URLを一括で変換してくれる便利なプラグインです。

タケ坊
タケ坊
常時SSL化でサイト内のURLを変更するのにこのプラグインにはお世話になりました。
柚子
柚子
変更されたサービス名や商品名とかを探して変更したい時にも役立つね!

Search Regexとは?

Search Regexとは

Search Regexとは、今まで投稿した記事のタイトルや本文、コメントなどの文字を検索して一括で置換するプラグインです。

普段使うようなプラグインではないですが、次の様な場合に重宝します。

  • WordPressの引っ越し
  • 常時SSL化時のURL変更(httpからhttpsへなど)
  • アフィリエイト広告などの変更
  • 記事の修正など

特に常時SSL化をする際に画像などのURLを変更する時に、1つずつURLを変更していたら無駄に時間もかかるし、変更漏れがあったら大変です。

そんな時は、このプラグインを利用すると簡単にURL変更ができます。

Search Regexのインストール

Search Regex/org画像

それでは、さっそくSearch Regexをインストールしましょう。

管理メニュー画面のプラグイン⇒新規追加で「Search Regex」を検索します。

Search Regexインストール

もしくはWordPress.orgからダウンロードしてインストールします。

Search Regexダウンロード

柚子
柚子
プラグインのインストール方法はコチラの記事で詳しく説明してるよ!
関連記事

タケ坊 今回はWordPressの基本の1つ、プラグインのインストール方法について話しましょうか。 柚子 そーだね!ところで、そもそもプラグインが分からないって人はいないかな? タケ坊 […]

WordPressプラグインのインストール方法
柚子
柚子
プラグインをインストールしたら有効化を忘れないでね!

 

Search Regexの設定方法

プラグインをインストールしたら簡単な設定を行います。

管理メニュー画面の「ツール」⇒「Search Regex」をクリックします。

Search Regexツール

 

設定項目は3つです。

Search Regex設定画面

①Source

「Source」は検索・置換の対象を指定する項目です。ドロップダウンリストから指定します。

Search Regex設定source

 

  • Comment author:コメントの名前
  • Comment author email:コメントのメールアドレス
  • Comment author URL:コメントのURL
  • Comment content:コメント内容
  • Post content:記事の本文
  • Post excerpt:記事の抜粋
  • Post meta value:記事のカスタムフィールド
  • Post title:記事のタイトル
  • Post URL:記事のURL

 

②Limit to

「Limit to」は一回で置換する上限の数値で、検索・置換対象が膨大で対象をチェックするのが大変な場合に上限を決めて置換します。

デフォルト状態では「No limit」で上限なしの状態になっていて、ドロップダウンリストの「10」「25」「50」「100」の中から選択します。

Search Regex設定limitto

③Order By

「Order By」は検索結果の並び順を設定します。

Search Regex設定orderby

 

  • Ascending:検索結果を昇順で並び替え
  • Descending:検索結果を降順で並び替え
柚子
柚子
以上で設定は完了です。簡単ですね!

Search Regexの使い方

使い方

次は実際の使い方を説明していきますが、その前に置換前の準備をします。

一括置換前の準備

このプラグインで一括置換を行った場合、データベースごと置換されるので間違っても元に戻すことはできません
なので、WordPressごとバックアップは必ず取りましょう

WordPressのバックアップはプラグインを利用すると簡単です。

柚子
柚子
バックアッププラグインは「UpdaraftPlus」がオススメです!
関連記事

WordPressに限らずブログサイトを運営していく中で、気を付けなければいけないのが、ブログサイトのバックアップです。 世の中何が起こるか分かりませんから、パソコンのデータと同様にブログサイトのバックアップは必ずとりましょう。 僕[…]

UpdraftPlus

一括置換の実行

使い方は簡単で、検索・置換対象の文字を入力して、置換後の文字を入力。
そして検索⇒置換状態の確認⇒置換開始となります。

例として「生麦」という文字をを「焼麦」に置換します。

「Search pattern」に検索・置換対象(置き換え前)の文字を入力します。
「Replace pattern」に置換する(置き換え後の)文字を入力します。

Search Regexテスト

置換前の投稿画面ではこんな感じです。

Search Regexテストサイト1

最初に検索・置換対象を検索

「Search」のボタンをクリックすると「Search pattern」で入力した検索・置換対象が検索結果として表示されます。

Search Regexテストサーチ

置換後の状態を確認

「Replace」のボタンをクリックすると置換後の状態が表示されます。この時点ではまだ置換はされていません。

Search Regexテストreplace

置換を実行

「Replace&Save」のボタンをクリックすると置換が実行されます。

特に確認画面などは表示されないのでこのボタンのクリック後は元に戻せません。

Search Regexテスト置換実行

ちゃんと置換されたか見てみましょう。

Search Regexテストサイト置換後

柚子
柚子
ちゃんと置換されてますね!

正規表現での一括置換

正規表現とは、

正規表現(せいきひょうげん、英: regular expression)とは、文字列の集合を一つの文字列で表現する方法の一つである。正則表現(せいそくひょうげん)とも呼ばれ、形式言語理論の分野では比較的こちらの訳語の方が使われる。まれに正規式と呼ばれることもある。
引用元:Wikipedia

簡単に言うと、色々な文字列を特殊文字を使って1つの文字列で表現するということです。

例えば、A、B,C,D,E,F,Gは

[A-G]

という感じに簡単に表現することができます。

この正規表現については、置換作業で便利に使えるのですが、けっこう難しいので、今度別記事で説明しますね。

正規表現で検索・置換をする場合は、「Regex」にチェックを入れれば表示されます。

Search Regex設定画面正規表現

  • case-insensitive:文字の大文字・小文字を区別しない
  • multi-line:マウチライン複数行のこと
  • dot-all:ドットオール(ピリオド)を使用

「remember to surround your regex with a delimiter!」は、「正規表現をデリミタで囲むことを忘れないでください!」という意味です。

柚子
柚子
正規表現については別途知識が必要なので、よく分からない人は触らない方が良いかもですね

Search Regexの注意点

注意
Search Regexはプラグインで置換作業ができる便利なものですが、気を付けなければいけない点がいくつかあります。

バックアップを必ずとること

一括置換を行うと、2度と元には戻せません。

変えてはいけない文字を変えてしまった!

なんて事になっても後の祭り、修正するには多大な時間と労力がかかることでしょう。

そうならない為にも、WordPressごとバックアップは必ず取りましょう。
バックアップさえあれば、いくら失敗してもやり直しはできますからね。

最終更新が2年前

この記事を書いている時点で、プラグインの最終更新が2年前の状態なので、今後のWordPressの更新状態によってはうまく動作しなくなる可能性があります。

もし、うまく動作しない場合は別のプラグインを試してみることをおすすめします。
代替のプラグインとしては「Search and Replace」というのがあるので、「SearchRegex」がエラーを起こしたら試してみましょう。

テーマやプラグインは対象外

Search Regexは記事やコメントなどにかかわるタイトルやURLなどの文字列が対象なので、テーマやプラグインのカスタムなどには使えません。

柚子
柚子
テーマやプラグインを一括置換で書き換えようなんて人は居ないと思うけどね!

置換のプレビューは必ずチェック

例えば常時SSL化をする場合、サイト内の画像や記事のURLの「http」を「https」に書き換えたい時にSearch Regexでいっぺんに書き換えたいものです。

しかし「http⇒https」と置換すると、アフィリエイト広告や参考サイトなどの外部リンクも置換されるので、リンク先がSSL化(https)されていないと、リンク切れ状態になってしまいます。

なので、「Replace&Save」ボタンをクリックする前にプレビューで置換対象のチェックは必ず行いましょう。

WordPressプラグインSearch Regexのまとめ

まとめ
記事内容やコメント、URLなどを一括で置換できるWordPressプラグイン「Search Regex」のインストールから設定、使い方までを解説しました

注意点に気を付ければ便利なプラグインなので、使い方は覚えておきましょう。

タケ坊
タケ坊
ふとした時に重宝するプラグインです
柚子
柚子
いつも使うプラグインじゃないから、使わない時は停止させておいても良いですよ!

プラグイン情報(2018.07.12現在)

プラグイン名 Search Regex
バージョン 1.4.16
作成者 John Godley
最終更新 2年前
WordPress対応バージョン 4.5.13
有効インストール 100,000+
公式サイト評価 ★★★★★(5)
Search Regexキャプチャー
最新情報をチェックしよう!