新WordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」へ改装完了!
Revision Control

【WordPress】プラグインでリビジョン保存数を設定「Revision Control」

今回は、WordPressの投稿更新履歴(リビジョン)の保存上限数を設定できるプラグイン「Revision Control」を紹介します。

リビジョンについては別記事で詳しく説明しているので、ここでは詳しい説明は省きますが、リビジョンを簡単に説明すると、投稿編集で「下書きとして保存」した際に蓄積していく保存データのことです。

⇒⇒WordPressのリビジョンとは?削除すると表示速度があがるって本当?(プラグインあり)

この保存(リビジョン)データは不意の停電などでデータ消失を防いでくれる非常に助かる便利なデータです。

しかし不要になった時点で削除していかないと、どんどんデータベースに溜まっていき、ブログサイトの動作が重くなり表示速度低下に繋がる厄介なデータになります。

そんな時は、溜まったリビジョンを削除して、データベースの最適化をするプラグインでクリーンアップすれば良いのですが、

⇒⇒【WordPress】プラグインでデータベースの最適化「WP-Optimize」

最初からリビジョンの最大保存数を制限しておけば、頻繁にデータベースのクリーンアップしなくても済みますね。

タケ坊
タケ坊
僕って心配性だから何回も下書き保存して、1記事リビジョン100個超えちゃう時もある
柚子
柚子
それはさすがに多過ぎじゃない!?

WordPressプラグイン「Revision Control」とは?

Revision Controlとは?

「Revision Control」とは、WordPressのデフォルト機能の1つである「リビジョン」機能を停止させたり、保存数の上限を設定することができるプラグインです。

このプラグインの特徴は

  • リビジョンの保存数を制限することでデータベースの負担を軽くすることができる
  • 投稿や固定ページ(テーマによってはカスタムCSS等)それぞれで設定できる
  • リビジョンコントロールだけでなく、リビジョンの削除や復元も可能
  • 日本語対応のプラグインなので使いやすい

不要なデータは無いに越したことはないので、Revision Controlを使ってデータベースの負担を軽減させましょう。

Revision Controlのインストール

管理メニュー画面のプラグイン⇒新規追加から「Revision Control」を検索してインストールします。

プラグイン新規追加からインストール

または公式サイトからダウンロードしてインストールします。

公式サイト】Revision Control

公式サイトからダウンロードしてインストール

柚子
柚子
プラグインのインストール方法はコチラの記事で詳しく説明してるよ!
関連記事

タケ坊 今回はWordPressの基本の1つ、プラグインのインストール方法について話しましょうか。 柚子 そーだね!ところで、そもそもプラグインが分からないって人はいないかな? タケ坊 […]

WordPressプラグインのインストール方法
柚子
柚子
プラグインをインストールしたら有効化を忘れないでね!

 

Revision Controlの設定方法

管理メニュー画面の設定に「リビジョン」が追加されているので、これをクリックします。

管理メニュー設定「リビジョン」をクリック

ここでの設定は、「投稿」「固定ページ」他お使いのテーマによっては「カスタムCSS」「ランディングページ」など、それぞれのリビジョン最大保存数を設定することができます。

設定

デフォルトでの最大保存数は、「無制限」「保存しない」「2」「3」「4」「5」「10」「20」「50」「100」の中から選べます。

設定最大保存数を選択

柚子
柚子
「10」くらいで十分だと思うよ!

「リビジョン範囲」は最大保存数を指定することができます。

デフォルトでは、「2,,5,10,20,50,100」になっていて、「2,,5・・・」の部分は「2,3,4,5」という意味になります。

なので、プルダウンで出てくる最大保存数は、「:2」、「:3」、「:4」、「:5」、「:10」、「:20」、「:50」、「:100」となります。

柚子
柚子
最大保存数を「2」と「10」の2択にしたいなら、「リビジョン範囲」を「2,10」にすれば良いよ!

Revision Controlの使い方

それではRevision Controlの使い方を説明していきますが、その前にWordPressのバックアップを必ずとりましょう。

このプラグインではそれほど問題になるとは思いませんが、一応データベースに関わるプラグインなので、WordPressに変更を加える時はバックアップすることを癖つけましょう。

関連記事

今回は、WordPressのバックアップやサーバー移転に便利なプラグイン「All-in-One WP Migration」を紹介します。 ひと昔前は、WordPressの引っ越しといえばファイルをFTPでダウンロードしてとか、データー[…]

All-in-One WP Migrationキャプチャー

Revision Controlの使い方は簡単です。

最初に必要な設定を終えていればあとは自動的に設定された以上のリビジョンは増えては行きません。

設定で保存数の上限を決めれば、すべての投稿・固定ページで適用されますが、もしかしたら特定の記事ではリビジョンを多く保存しておきたい場面があるかもしれません。

例えば1万文字をこえる大作を書いている場合などは、その記事を書いている間は残しておかないと心配になりませんか?

タケ坊
タケ坊
僕は心配です(汗)

そんな時は記事ごとに保存数を設定します。

投稿編集画面に下の方に「Post Revisions」という項目があるかと思います。

下の画像の右下に「デフォルト設定を使用」とありますから、ここをクリックしてプルダウンの中から保存数の上限を設定しなおしてください。

柚子
柚子
この項目ではリビジョンの削除と復元もできるので、ぜひ活用してみてね!

投稿画面リビジョン履歴

もし、この「Post Revisions」の項目が見つからない場合は、表示オプションでチェックが入ってない可能性があります。

投稿編集画面の一番上までスクロールさせると右上に「表示オプション」ボタンが現れるので、これをクリックします。

表示オプションをクリック

「Post Revisions」の項目があるので、これにチェックを入れれば表示されます。

投稿画面表示オプション

柚子
柚子
使い方はとっても簡単!

Revision Controlの注意点

注意点

リビジョンをコントロールし、データベースをクリーンに保つことに役に立つプラグイン「Revision Control」ですが、いくつか注意点があるので気に留めておいてくださいね。

バックアップは取ろう!

使い方でも触れましたが、データベースに関わるプラグインなので必ずバックアップは取りましょう。

今回のプラグインでは、バックアップを取らなくて後悔するといったことは起きにくいと思いますが、何があるか分からないのが世の中ですから(笑)、バックアップを取る習慣は付けておきましょうね。

柚子
柚子
慎重さは大事な要素だよ!

リビジョン機能を停止させない!

いくら、

「リビジョンなんて使ってないよ!」

という人がいても、リビジョン機能を停止させることはおすすめできません。

確かにリビジョン機能を使うということは、記事作成をいくらかでもやり直すということなので、使わないに越したことない機能ではあります。

しかし、バックアップが必要でも言った通り、世の中何が起こるか分かりません。

突然、雷が落ちて停電して、保存していなかった部分がすべてパア、、、ということも起こり得るのです。

タケ坊
タケ坊
僕には起こりました(泣)
柚子
柚子
タケ坊、顔がガチで真っ青になってたもんね、、

なので、リビジョン機能の停止だけはしないようにしてください。

100や200のリビジョンが溜まったところで、それほど動作に影響はないので、定期的にプラグインなどでデータベースをクリーンにしておけば問題ありません。

関連記事

今回は、データベースの不要なデータの削除や最適化を自動で行ってくれるプラグイン「WP-Optimize」の紹介です。 簡単に言えば、日々のブログサイトの更新などで溜まっていったゴミ(不要データ)をお掃除してくれて、整理整頓もしてくれる[…]

WP-Optimize

WordPressプラグイン「Revision Control」のまとめ

まとめ

いかがでしたか?

今回はWordPressのリビジョン機能に制限をつけることができるプラグイン「Revision Control」について説明しました。

無ければ不安になるし、有ればあったで邪魔になるリビジョン機能ですが、この「Revision Control」を使って程良くリビジョン機能を活用してくださいね。

柚子
柚子
このプラグインを使って、タケ坊の無駄遣いに制限つけれないかしら?
タケ坊
タケ坊
勘弁してください(泣)
Revision Control
最新情報をチェックしよう!