新WordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」へ改装完了!
All-in-One WP Migrationキャプチャー

【WordPress】プラグインで引越しもバックアップも超簡単「All-in-One WP Migration」

今回は、WordPressのバックアップやサーバー移転に便利なプラグイン「All-in-One WP Migration」を紹介します。 ひと昔前は、WordPressの引っ越しといえばファイルをFTPでダウンロードしてとか、データーベースを変更してとか、それはもう面倒くさい作業をチマチマやらなきゃならない印象でした。 しかし、「All-in-One WP Migration」を使えば、ほぼクリック操作だけで簡単にWordPressの引っ越しができるんですから、便利な世の中になったものです(笑)
タケ坊
タケ坊
「面倒な事はお金で解決」がモットーの僕にピッタリなプラグインです! しかも無料だから、ならさらに良い!
柚子
柚子
クズな発言はやめてよね!

 All-in-One WP Migrationとは?

All-in-One WP Migrationとは? 「All-in-One WP Migration」は、バックアップ機能も持ちあわせた基本的に無料で利用できるWordPressプラグインです。 WordPressサイトを構成する各種データ(テーマ・プラグイン・画像・記事や各種設定などデータベースに格納された情報)をクリック操作だけでエクスポートからインポートまでできます。 なので、FTPソフトの操作やデータベースを触ることに慣れていない人でも比較的簡単に使うことができるでしょう。 他にも画像や内部リンク等のURLを引っ越し先のURLに変更することも自動でやってくれるので、本当に難しい知識や面倒な作業がいりません。 バックアッププラグインで有名なのは「UpdraftPlus」、引っ越しプラグインで有名なのが「Duplicator」といった所ですが、バックアッププラグインとしては「UpdraftPlus」に後れを取る感じですが、引っ越し機能だけでみたら「UpdraftPlus」や「Duplicator」よりも断然に「All-in-One WP Migration」の方が高性能プラグインでしょう。
柚子
柚子
UpdraftPlus」については、こちらの記事で解説してますよ!
関連記事

WordPressに限らずブログサイトを運営していく中で、気を付けなければいけないのが、ブログサイトのバックアップです。 世の中何が起こるか分かりませんから、パソコンのデータと同様にブログサイトのバックアップは必ずとりましょう。 僕[…]

UpdraftPlus
「Duplicator」はプラグインでWordPressデータをエクスポートして、引っ越し先のサーバーにFTPソフトを使ってアップロードしたり、データベース情報を入力したりと、多少の手間が必要になります。 しかし、「All-in-One WP Migration」は引っ越し先にWordPressをインストールして、同じように「All-in-One WP Migration」をインストールしておけば、あとは管理画面からクリック操作だけで引っ越しできるという優れたプラグインなのです。
柚子
柚子
使ってみればその簡単さに驚きますよ!

WordPresプラグイン「All-in-One WP Migration」のインストール

All-in-One WP Migrationインストール 管理メニュー画面のプラグイン⇒新規追加から「All-in-One WP Migration」を検索してインストール後に有効化します。 プラグイン新規追加でインストール または、下記リンクの公式サイトよりダウンロードしてインストールします。 WordPress.org公式サイト 公式サイトよりインストール プラグインのインストール方法はこちらの記事で詳しく説明してます。
関連記事

タケ坊 今回はWordPressの基本の1つ、プラグインのインストール方法について話しましょうか。 柚子 そーだね!ところで、そもそもプラグインが分からないって人はいないかな? タケ坊 […]

WordPressプラグインのインストール方法
柚子
柚子
プラグインをインストールしたら「有効化」を忘れずにね!

All-in-One WP Migrationの使い方

使い方 プラグインをインストールして有効化したら、さっそく使い方をみてみましょう。

1.All-in-One WP Migrationをサーバー移設で使う方法

「All-in-One WP Migration」が本領発揮するのは、このサーバー移設の時でしょう。

移設元のWordPressをエクスポート

まずは、移設元のWordPressデータをエクスポート(バックアップ)します。 管理メニューに「All-in-One WP Migration」が追加されているので、この中の「エクスポート」をクリックします。エクスポートをクリック 真ん中付近の「高度なオプション」をクリックして、エクスポートしない項目を選びます。 とりあえず、ここはデフォルトのまま何もチェックを入れなくても良いでしょう。 高度なオプション 次はエクスポート先(保存先)を選択します。 一番上の「ファイル」を選択しましょう。 それ以外はすべて有料オプションになります。 エクスポート先にファイルを指定 エクスポートファイルが作成され、ファイルサイズが表示されます。 512MB以内でしたら無料でインポートできますが、超えると有料オプションとなり、購入しないとそのままではインポートできません。 ファイルサイズの確認 問題なければ、赤枠内の部分をクリックしてダウンロードします。 クリックしてダウンロード すると、ダウンロードフォルダに「***.wpress」という変な拡張子のファイルができます。これがあなたのブログサイトのエクスポートファイルになります。 エクスポートファイル
柚子
柚子
これで移設元の作業が終わりました。次は移設先の作業です!

移設先にWordPressをインストール

移設先のサーバーにWordPressをインストールします。 ほとんどの大手のレンタルサーバーでは、簡単にWordPressをインストールできるメニューがあるので、各サーバーのマニュアルに従ってインストールしてください。 ブログ名は移設元と同じブログ名を付けましょう。ログインIDやパスワードは、移設元のデータで上書きされるので、適当に付けても問題ありません(一応メモはしておいてくださいね) ただ、移設先にすでにWordPressがインストールされていて、データが残っている場合は、念のためバックアップしておくことをオススメします。 WordPressをインストールしただけのテストサイトです。 テストサイト

移設先に「All-in-One WP Migration」をインストール

次に移設元と同様に、移設先のWordPressに「All-in-One WP Migration」をインストールして有効化します。 テストサイトプラグインインストール

移設先にWordPressをインポートする

移設先の管理メニュー「All-in-One WP Migration」をクリックして、「インポート」をクリックします。 先ほど作ったエクスポートファイルをドラッグ&ドロップするか、「インポート元」から一番上の「ファイル」を選択します。 エクスポートファイルをインポート ファイルを選択すると、次のような画面が表示されます。 インポート確認画面 英語で書かれているので、Googleさんに翻訳してもらうと、
インポートプロセスは、データベース、メディア、プラグイン、およびテーマを含むWebサイトを上書きします。 次の手順に進む前に、データのバックアップがあることを確認してください。
要約すると、 移設先のデータは全部上書きされて無くなっちゃうんだけど、バックアップしなくて大丈夫? ってことなので、大丈夫でしたら「PROCEED>」をクリックしましょう。 次の画面が表示されたらインポート完了ですが、何やらまた英語で書かれてますね。 インポート完了画面 またまたGoogleさんに翻訳してもらいました。便利ですね~
さらに2つのステップを実行する必要があります。 1.パーマリンク構造を2回保存する必要があります。 Permalinksの設定(新しいウィンドウを開きます) 2.オプションで、プラグインを確認します。 (新しいウィンドウを開きます)
1はパーマリンクの設定を「2回」保存するらしいです。意味は分かりませんが、やっときましょう! 青字の「Permalinks Settings」をクリックすると「パーマリンク設定」画面が別ウィンドで開きます。 「変更を保存」を2回クリックしましょう。 パーマリンク設定 2はプラグインのレビューを付けてってことのようです。してもしなくても良いですが、今回は無視しましょう!
柚子
柚子
以上でサーバー移設が完了しました。記事にすると長く感じますが、やってみるとあっという間ですよ!
最後に正常にブログサイトが移設されたか、必ず目視で確認しましょう。 ログインIDやパスワードは移設元のデータを引き継いでいます。

2.All-in-One WP MigrationでWordPressをバックアップする方法

エクスポートしたデータは、管理メニュー「All-in-One WP Migration」の「インポート」の下に「バックアップ」の中に入っています。 ここではエクスポートとは別にバックアップを作成することができるので説明します。

 All-in-One WP Migrationでバックアップ

「バックアップ」をクリックして「バックアップを作成」をクリックします。 バックアップ作成をクリック 「高度なオプション」で必要箇所チェックして(全バックアップの場合はチェック無し)、「エクスポート先」を選ぶとバックアップを開始します。 高度なオプションとエクスポート先を選択 別のフォルダにバックアップファイルを保存したい時は、真ん中の「DOWNLOAD~」をクリックして任意のフォルダを選択します。 クリックしてダウンロード DOWNLOADせずに「CLOSE」をクリックしても、ダウンロードファイルは残っているので、あとでダウンロードすることはできます。 ダウンロードは、右側にある横に3つ並んだ〇マークの左側をクリックします。 〇マーク左側がダウンロード

 All-in-One WP Migrationで復元

次は復元方法です。 復元は、先ほどの「バックアップ」のファイルの右側にある〇マークの中央のマークをクリックします。 右側の〇マーク中央をクリック すると英語の警告が表示されます。 警告表示 「WordPressをインポートする」でも出てきた警告ですね。要はデータを上書きしちゃうけど、バックアップは大丈夫?って意味なので「PROCEED>」をクリックします。 無事復元されると表示がでます。ここでもパーマリンクの設定で「変更を保存」ボタンを2回クリックしてねって表示と、レビューお願い!って表示がでますのでパーマリンクの方は必ずしておきましょう。 インポート完了画面

バックアップデータの削除

バックアップやエクスポートを何回も繰り返すと、過去のデータが溜まってきて容量が増えてきてしまします。 過去の必要のないデータは削除してしまいましょう。 バックアップファイルの右側に3つ並んである〇マークの右にあるのが削除ボタンです。 削除して大丈夫か確認してから削除しましょう。 〇マーク右が削除ボタン 以上で「All-in-One WP Migration」の使い方の説明を終わります。
柚子
柚子
次は注意点や有料オプションについて説明しますね!

All-in-One WP Migrationの注意点

注意点 非常に便利なプラグインですが、いくつか注意点があるので確認してくださいね。

無料でインポートできる容量の上限が512MB

「All-in-One WP Migration」はエクスポート(バックアップ)は無制限にできますが、インポート(リカバリー)には512MBという上限がもうけられています。 それ以上の容量になると、Unlimited Extension($69)という拡張機能を買わなければいけません。 それぐらいの金額なら買っても良いよーって人なら是非買ってみましょう! しかし、ちょっとその金額では買えません!って人もいるでしょう。そんな時は以下の方法を試してください。

画像データを除いてエクスポート

WordPressのデータの中で、一番容量が大きいのはだいたい画像データになります。 なので、画像データを除いてエクスポートを試してみましょう。
柚子
柚子
けっこう容量が減るはずですよ!
管理メニュー画面の「All-in-One WP Migration」⇒エクスポートをクリックして、「高度なオプション」を開いて「メディアライブラリをエクスポートしない(ファイル)」にチェックを入れます。 メディアライブラリをエクスポートしないにチェック 「エクスポート先」の「ファイル」をクリックします。 容量確認画面 先ほどフルでエクスポートした時の容量は、 容量確認画面フルサイズ 14MBも軽くなりました。 このテストサイトでは画像は5枚しか使ってないのに、これだけの容量が減りました。 あとは、移転先にエクスポートデータをインポートしたら、画像データはFTPソフトを使って手動でダウンロード・アップロードしましょう。
柚子
柚子
もし512MB以上の容量になったら、この方法を試してみてね!

余分なバックアップデータの確認

「All-in-One WP Migration」でもそうですが、「UpdraftPlus」などのプラグインでバックアップしてた場合、そのデータも残っている可能性もありますので、そちらのデータも確認して必要のないバックアップデータは削除しましょう。

移設先に丸ごと上書き

移設先で新規でWordPressをインストールしている場合は良いのですが、すでに運営を始めていたドメインにインポートする場合は、一応バックアップは取りましょう。 このプラグインは、移転先のデータに上書きしてインポートするので、今まであったデータはすべて消えてしまいます。 あとでどんな後悔をするか分かりませんので、念のためって考え方は持っておいた方が良いですよ!

有料エクステンション(拡張機能)

拡張機能 「All-in-One WP Migration」は基本無料で利用できますが、一部有料オプションがあります。 例えば、バックアップ自体は無制限(容量の限り)ですが、インポートには容量制限があります。 512㎆までは無料ですが、それを超える容量のインポートには有料エクステンション(拡張機能)を購入しなければいけません。 各有料エクステンション(拡張機能)の詳細は次の通りです。

Unlimited Extension $69

  • 512MBのインポート容量制限を増やす
  • ライフタイム・アップデートを含むライフタイム・ライセンス
  • 無制限数のウェブサイトで使用可
  • プレミアム・サポート
柚子
柚子
$1=100円だとしても6,900円が高いか安い

Dropbox Extension $99

  • Dropboxとのエクスポート/インポート
  • ライフタイム・アップデートを含むライフタイム・ライセンス
  • 無制限数のウェブサイトで使用可
  • 時間毎、日毎、週毎のオプションによるバックアップ・スケジューラー
  • 無制限のエクステンション
  • プレミアム・サポート
柚子
柚子
Dropboxを利用した機能ですね。バックアップで利用するなら、スケジューラーはちょっと魅力的かな

Google Drive Extension $99

  • Google Driveとのエクスポート及びインポート
  • ライフタイム・アップデートを含むライフタイム・ライセンス
  • 無制限数のウェブサイトで使用可
  • 時間毎、日毎、週毎のオプションによるバックアップ・スケジューラー
  • 無制限のエクステンション
  • プレミアム・サポート
柚子
柚子
こちらはGoogleDriveでバックアップができる機能です。個人的に使うならDropboxよりこっちかな

Amazon S3 Extension

  • Amazon S3バケットとのエクスポート及びインポート
  • ライフタイム・アップデートを含むライフタイム・ライセンス
  • 無制限数のウェブサイトでご使用いただけます
  • 時間毎、日毎、週毎のオプションによるバックアップ・スケジューラー
  • 無制限のエクステンション
  • プレミアムサポート
柚子
柚子
Amazon S3バケット用の拡張機能ですね。

OneDrive Extension $99

  • OneDriveとの間でのエクスポートとインポート
  • OneDrive for Businessアカウントをサポート
  • ライフタイムライセンスとライフタイムアップデート
  • 任意の数のウェブサイトで使用する
  • 毎時、毎日、毎週オプションのバックアップスケジューラ
  • 無制限のエクステンション
  • プレミアムサポート
柚子
柚子
WindowsのOneDrive用の拡張機能です。

Multisite Extension $199

  • ネットワークから単一のサイトをエクスポートする
  • ネットワークから複数のサイトをエクスポートする
  • ネットワーク全体をエクスポートする
  • 単一のサイトをネットワークにインポートする
  • 複数のサイトをネットワークにインポートする
  • ネットワークをインポートする
  • ネットワーク内の単一サイトをクローン
  • マルチネットワークのサポート
  • ライフタイム・アップデートを含むライフタイム・ライセンス
  • 無制限数のウェブサイトで使用可
  • 無制限のエクステンション
  • プレミアム・サポート
柚子
柚子
マルチサイト関連の拡張機能ですね。

FTP Extension $99

  • FTPとのエクスポート及びインポート
  • FTPSとのエクスポート及びインポート
  • SFTPとのエクスポート及びインポート
  • ライフタイム・アップデートを含むライフタイム・ライセンス
  • 無制限数のウェブサイトで使用可
  • 時間毎、日毎、週毎のオプションによるバックアップ・スケジューラー
  • 無制限のエクステンション
  • プレミアム・サポート
柚子
柚子
FTPを利用したエクスポート・インポートの拡張機能です。
柚子
柚子
使いそうな拡張機能を抜き出してみましたが、他にも拡張機能があるので興味がある人は見てみてください。
【外部サイト】エクステンション購入サイト

WordPressプラグイン「All-in-One WP Migration」のまとめ

まとめ いかがでしたか?今回はWordPressの引っ越しで役立つプラグイン「All-in-One WP Migration」を解説しました。 このプラグインは、バックアップ機能もありますが、WordPressの引っ越しでこそ役に立つでしょう。 毎日、毎週定期的にバックアップするスケジューラー機能が有料オプションなので、バックアッププラグインとしては、「UpdraftPlus」の方が便利ですよ。
関連記事

WordPressに限らずブログサイトを運営していく中で、気を付けなければいけないのが、ブログサイトのバックアップです。 世の中何が起こるか分かりませんから、パソコンのデータと同様にブログサイトのバックアップは必ずとりましょう。 僕[…]

UpdraftPlus
タケ坊
タケ坊
面倒だったWordPressの引っ越し作業がプラグイン1つで簡単になるんだから便利な世の中になったもんです。
柚子
柚子
今回みたいな普段使わないプラグインは必要な時だけ有効化して使ってね!

2018/11/6 追記

さくらのレンタルサーバーに引っ越しした時に気付いたんだけど、インポートの際の最大容量はサーバー側のアップロードサイズで変わってきます。 さくらのレンタルサーバーのデフォルトのアップロードサイズは5MBになっているので気を付けましょう!
All-in-One WP Migrationキャプチャー
最新情報をチェックしよう!