新WordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」へ改装完了!
AddQuicktag

WordPressプラグイン【AddQuicktag】設定方法と使い方を解説

タケ坊
タケ坊
今回は、WordPressで記事を書く時に普段よく使うHTMLコードや、挨拶などの定型文を簡単に記事に挿入できるプラグイン【AddQuicktag】について書いていきます。
柚子
柚子
この【AddQuicktag】を上手く使えるようになると、何度も同じHTMLコードを入力する作業を省略化することができ、日々の記事更新作業を効率化できます。
頻繁に利用するHTMLコードや定型文などは、この【AddQuicktag】に登録して記事作成を効率化しましょう。

AddQuicktagとは?

AddQuicktagとは?

AddQuicktag(アドクイックタグ)とは、冒頭でも言ったようにHTMLコードや定型文をクリック操作だけで記事本文中に挿入できるプラグインです。

例えば、文字を太くする場合

<b>文字</b>


という感じで太くしたい文字を<b></b>タグで囲ってあげる必要があります。これぐらいなら、そんなに手間には感じないかもしれませんね。

それなら文字の色を赤色にしてみましょう。その場合のHTMLタグは、

<font color=”#ff0000″>この文字は赤色</font>


これをテキストエディタに書くと、

この文字は赤色

と、こんな感じに文字が赤くなります。

こんな文字を赤くするだけに、こんなタグをいちいち打っていたら時間がかかって大変です。

そんな時間のかかるタグ打ちを効率化するためのプラグインがAddQuicktag(アドクイックタグ)なのです。

AddQuicktagを使うメリットとデメリット

メリットとデメリット

AddQuicktagのメリット

AddQuicktag(アドクイックタグ)を使うメリットは先ほど書いたように、タグを簡単に書くことで記事作成を効率化できるところですが、ビジュアルテキストであまり見た目などに凝った記事を書かないという人には必要性の低いプラグインに感じるかもしれませんね。

でもこのプラグインは専門的なタグ打ちのためだけのプラグインではありません。

たとえば、ブログ記事の冒頭部分での挨拶や、おすすめ商品への広告リンク、Googleアドセンスなど、記事装飾タグ以外にもよく使う文字・文章を登録しておける便利な使い方もあります。

AddQuicktagのデメリット

AddQuicktag(アドクイックタグ)を使うデメリットは、、ちょっと思いつきませんね。

強いて言えば、やはりプラグインが増えてしまうことによるデメリット、サイト表示が重くなることやプラグイン同士の競合による不具合などだけでしょう。

プラグインを増やしてサイトの表示速度が落ちるのが気になる人やタグ打ちや毎度の言い回しを都度入力するのが気にならない人には、必要性の薄いプラグインかもしれません。

しかし、少しでもこのAddQuicktag(アドクイックタグ)というプラグインに魅力を感じたなら導入することをおすすめします。

AddQuicktagのインストール

タケ坊
タケ坊
それでは、ここからはAddQuicktag(アドクイックタグ)のインストールから設定方法まで説明しますね。

プラグインの新規追加から、【AddQuicktag】をインストールします。

AddQuicktagインストール

柚子
柚子
プラグインのインストール方法はこちらの記事を参考にしてね!
関連記事

タケ坊 今回はWordPressの基本の1つ、プラグインのインストール方法について話しましょうか。 柚子 そーだね!ところで、そもそもプラグインが分からないって人はいないかな? タケ坊 […]

WordPressプラグインのインストール方法
柚子
柚子
プラグインをインストールしたら【有効化】を忘れないでね!

 

タケ坊
タケ坊
特に難しいことはないですね。次は設定方法です!

AddQuicktagの設定方法

プラグインをインストールして有効化したら、メニュー画面の設定にAddQuicktagが追加されています。

AddQuicktagメニュー設定

これをクリックして設定画面に移ります。

クイックタグの追加と削除

ここがメインの設定画面です。ここに追加するタグや文章を登録していきます。

ひとつずつ説明していきましょう。

AddQuicktag設定画面

①ボタン名

AddQuicktagを使う際に出てくる登録名です。いざ使う時に混乱しないように分かりやすい名前を付けましょう。

例えば、文章に枠をつけるタグを登録する場合、「枠実線グレー塗りつぶし無し」とかですね。あまり長いと逆に混乱しますので、あなたが分かりやすいようにつけてください。

②開始タグ

タグの開始の部分を入力します。例えば、

<font color=”#ff0000″>この文字は赤色</font>

この黄色マーカー部分の文字のことですね。挟む文字の前半部分が開始タグとなります。

③終了タグ

タグの終了の部分を入力します。上の例で言えば、

<font color=”#ff0000″>この文字は赤色</font>

このマーカーの部分です。

④順番

記事編集画面でのドロップダウンリストの順番になります。これは僕のビジュアルエディタの記事編集画面ですが、

AddQuicktagドロップダウンリスト

赤枠で囲ったところから選んで記事にタグを挿入するのですが、このリストの順番をこの項目で決めていきます。

使っていくと、これからドンドン増えていく可能性があってどこに何があるか分からなくならないように、最初のうちは種類ごとに10くらい空けて登録しておきましょう。

例えば、定型文は1~9、文字装飾系のタグは10~19、などですね。ここの順番は後ででも変更は可能です。よく使うものを上に持っていきましょう。

⑤AddQuicktagを適用させる場所

これはAddQuicktagを使う場所を選択するところで、ビジュアルエディタで使う場合は「ビジュアルエディタ」にチェックを入れます。

一番右端にチェックを入れればすべてにチェックが入りますので、ここにチェックを入れましょう。

ここにチェックが入っていないと記事編集画面にボタンが表示されないので忘れずに!

デフォルトのクイックタグの非表示

テキストエディタでのクイックタグを表示させるかどうかの設定です。

チェックを入れるとテキストエディタからクイックタグが消えます。

AddQuicktag設定画面2

試しに1つ消してみましょう。

strongタグのすべてのページにチェックを入れて変更を保存します。

AddQuicktag設定画面3

 

すると、

AddQuicktagテキストエディタ1-2

テキストエディタでstrongタグの【b】のボタンが消えたのが分かりますか?

このように使わないタグは消していきましょう。

AddQuicktagの使い方

それでは、使うタグや定型文は登録できましたか?

次からはいよいよAddQuicktagを使ってみましょう。

こちらがビジュアルエディタでのAddQuicktagのボタンです。
AddQuicktag使い方ビジュアルエディタ

こちらがテキストエディタの画面です。

登録したタグが赤枠のところに増えています。
AddQuicktag使い方テキストエディタ

では、ビジュアルエディタでの使い方を見てみましょう。

ビジュアルエディタでのAddQuicktagの使い方

この文章に枠をつけてみましょう。

文章全体を選択して、AddQuicktagのボタンをクリックします。AddQuicktag使い方ビジュアルエディタ2

 

「枠グレー塗りつぶし」を選んでクリック

 

するとこのように文章に枠をつけれました。
AddQuicktag使い方ビジュアルエディタ4

 

とても簡単ですね。ちなみにテキストエディタで見てみると、
AddQuicktag使い方ビジュアルエディタ5

こんな文字を手打ちで書いてたら、記事1つ書くのに日が暮れてしまいますね。

テキストエディタでのAddQuicktagの使い方

テキストエディタでAddQuicktagを使う場合もビジュアルエディタとあまり変わりません。

文字装飾したい文章を選択してボタンをクリックすると適用されます。

装飾したい文章の手前にカーソルを置き、ボタンをクリックすると開始タグが入り、そのあと文章に最後にカーソルを置いてもう1度ボタンをクリックすると終了タグが入るという方法もあります。

これはテキストエディタだけのやり方ですが、お好きな方法で使ってみてくださいね。

AddQuicktagの設定を他サイトにコピーする方法

複数のサイトを運営していると、他のサイトでも同じようにAddQuicktagを使いたくなるでしょう。

そんな時は、インポート・エクスポートで簡単に他サイトに設定をコピーすることができます。

メニューの設定⇒AddQuicktagをクリック
AddQuicktag設定インポートエクスポート

コピー元のサイトでAddQuicktagの設定をエクスポートしてファイルを保存し、コピー先のサイトにAddQuicktagをインストールして有効化したら、エクスポートしたファイルを選択してインポートしたら完了です。

AddQuicktagをカスタム投稿タイプで使う場合

カスタム投稿タイプでAddQuicktagを使う場合、初期状態のままでは使うことができません。

下に書いてあるPHPコードをfunctions.phpに追加するとカスタム投稿タイプでもAddQuicktagを使うことができます。

//カスタム投稿編集画面にAddQuicktagを追加
function addquicktag_set_custom_post_type($post_types){
    $post_types[] = "カスタム投稿名";
    return $post_types;
}
add_filter('addquicktag_post_types', 'addquicktag_set_custom_post_type');

コード内の「カスタム投稿名」の部分は、あなたが使用するカスタム投稿名に入れ替えて使ってくださいね。

最後にAddQuicktagの設定画面にチェックボックスにチェックを入れて変更を保存をクリックして終了です。

AddQuicktagのまとめ

WordPressプラグインAddQuicktagは、よく使うコードやタグ、定型文などを登録して、その場に応じて呼び出すことができるとても便利なプラグインです。

タケ坊
タケ坊
最初の設定や登録作業が大変ですが、設定登録さえしておけば記事の作成がはかどるし、他のサイトにも使いまわせるので便利ですね。
柚子
柚子
タグやコードなどがよく分からない人でも、よく使う言い回しを登録しておくとか、使い方によっては記事作成の時間短縮になるので、ぜひ活用してみてね。
AddQuicktag
最新情報をチェックしよう!